読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるくだけっていこう。

ゆる〜くくだけた内容をお届けできたらべりーぐっど

プレミアムフライデーの記事から学んだ弱小ブログが少しでも伸びる方法

どうもカモジロです。

 

始めたばかりのこのブログ。

弱小ブログですが1日何件かのアクセスがあり凄くありがたく思っています。

 

先週話題となりました「プレミアムフライデー」について記事を書いたところPVの伸びが良かったため何故こんな弱小ブログでもPVが伸びたのかについて考察していきます。

 

プレミアムフライデーに否定的な人たち

 

私が書いたプレミアムフライデーについての記事なのですが

www.kamojiro.com

 

見てわかるようにタイトルに否定というワードが付けられています。

 

この弱小ブログは「プレミアムフライデー」のみで検索したところで検索上位には全く表示されません。

 

ですが「プレミアムフライデー 否定派」というような感じで否定というワードを付けて検索して頂けると上位表示されるんです。

 

このことから何がわかるのかというと

プレミアムフライデーに対して否定的な人が多く、わざわざ否定というワードを入れてまで検索して否定派の意見を求めている。

ということです。

 

 

弱小ブログが伸びるために

 

プレミアムフライデーに対して否定的な意見を述べているブロガーは結構いますが否定というワードをタイトルに入れて書いていた人は少なかったみたいですね。このブログが上位表示されるくらいですから。

 

トレンド記事は書きやすく検索もされやすいですがライバルが沢山います。

有名ブロガーがこぞってトレンドの記事を書いていれば弱小ブログが埋もれてしまうことくらい目に見えています。

 

なのでトレンドワード+ターゲットワードをタイトルに入れることが大切になってきます。

 

 

私のプレミアムフライデーの記事はプレミアムフライデーというトレンドワードに+して否定派というターゲットワードを入れることで検索上位に表示されました。

 

「プレミアムフライデーについての意見」というざっくりとしたカテゴライズでは弱小ブログは戦えません。

なのでもう少しターゲットを絞るためにプレミアムフライデーに対して否定派の人たちをターゲットにした「否定派」というタイトルを付けます。

 

こんな感じでターゲットを絞るワードを入れると検索上位に表示されやすいです。

 

 

弱小ブログはターゲットワードのさじ加減が大事

 

あまりにもありきたりなワードを付けてしまうと有名ブログに飲まれてしまいます。

ですが突拍子もないワードを付けても検索されません。

 

ということで弱小ブログはターゲットワードのさじ加減が大事となってきます。

これが結構大変なところ。

 

実際に自分の考えているタイトルで検索してみて「この検索結果なら上位表示されそう」という確信を得られるまでターゲットワードを練ってみましょう。

 

 

まとめ

 

トレンド記事を書くことは大切ですが弱小ブログが少しでも伸びるためにトレンドワードに合わせたターゲットワードを付けることが大切です。

 

まずは1人でも多くの人の目に止まるように試行錯誤を頑張りましょう。

 

おわり